3年ぶりの富山北部高校同窓会開催

令和4年度の富山北部高校同窓会は、新型コロナウィルスの影響により3年ぶりに、8月10日に富山電気ビルディングにて開催されました。
今回の総会にて、酒井瞭光氏が長年にわたり務めていただいた同窓会会長を退任され、今年度から竹島礼二氏が同窓会会長として承認されました。酒井氏には、長年の感謝を込めて花束と記念品を贈呈いたしました。また、本校にて10年の永年勤続の先生方へ、表彰が行われました。
開催数日前の北陸豪雨により福井県周辺の交通機関が厳しい状況の中、関西支部からは横山武志氏が出席され、近況報告をいただきました。また、令和4年3月卒業の同窓生も出席、卒業担任とのひと時を楽しみました。
一つのテーブル席には5名までとし、校歌斉唱は校歌の曲を流して聴く、マスク着用、手指の消毒などの感染症対策を講じ、人と人との距離はありましたが、3年ぶりに同窓生に会い、長く語り合うことはできなくても十分に相通じるものがあった感慨深い同窓会総会となりました。

富北キャリアガイダンス講座

8月26日(金)を中心日として、1学年の生徒を対象としたキャリアガイダンス講座が行われました。

全体会では各科 コースに分かれて講師の方から「働くことの意義」「学ぶことの意義」について講演をいただきました。続く分科会では育友会の方をはじめ、十全化学株式会社、朝日印刷株式会社などの企業で働く本校卒業生や水橋高校の卒業生をお招きし、生徒たちは13の講座に分かれ説明を聞きました。企業人の方のお話を直接お聞きすることで職業観の醸成につながったと思います。この経験を、今後の進路選択に活用していってほしいです。